So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「日本沈没」 [映画]

映画「日本沈没」を鑑賞しました。
小松左京の原作、前作の映画を観たことがないので比較はできないのだが、感想を少しだけ。

正直、期待していたほどではなかった。
日本沈没というそそるタイトルからいって、もっと日本が沈没する理論や回避する為の対策・方法論をめぐっての苦悩や国同士の理論と建前の衝突といった政治面な話も期待していたのですが、そちら方面はほぼゼロ。

一応、描きたかったのは石坂浩二演じる山本総理が言っていたセリフなのだろうけど、ラストがなければ(あるいはもっと描写が下手だったら)出来の悪いラブストーリーになる所でした。
(それでも結果として何がやりたいのか分かりづらいのですけれどね。。。)

細かい設定についても突っ込みたくなるところ満載で、ホントあと少し悪かったらどうにもならないギリギリの線でした。

う~ん、点数をつけるとすると50点で!
「観たければ観に行けば」という評価です。
ただ、期待はしすぎないことですね。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 1

MANTA

私も見に行きました。いろんな意味で「楽しめた映画」ではありましたが…
ちなみに私も原作を読んだことがない。自分のブログでも散々記事にしてるんですけどね…ないしょです。
by MANTA (2006-07-30 10:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。