So-net無料ブログ作成

W杯3次予選 バーレーンvs日本 雑感 [サッカー]

W杯アジア3次予選のバーレーンとのアウェイ戦は0-1での敗戦になってしまいました。
確かに残念な結果ではありますが、試合の内容云々の前にこの敗戦が予選全体にどのような影響を及ぼすかが重要でしょう、とオイラは思うのです。

その観点から見た場合のオイラの見解としては、勝って勝ち点3を持って帰れたなら3次予選の通過はほぼ確定だろうと思っていたのです。
まぁ、敗戦となってしまったのでオマーン、タイにも日本に付け込む隙を与えてしまったなというのが実感です。(逆を言えば、普通に行けばバーレーンは確定ですな)
正直、2位以内に入ればよいものなので、全く心配していなかったのが、多少注意を払う必要が発生したというレベルです。
大事なのは、今後のオマーン、タイに対して勝ち点を失わない事(正確に言えばホームで勝ち点3、アウェイで勝ち点1を必ず持って帰ること)かなと。
(ホームのバーレーン戦の勝ち点3も必要ですね)
結論的に言えば、現時点では「悲観」して落ち込むことでもない。この結果は冷静に受け止めて後をどうするかだけの問題だと思っています。

ということで、この試合を振り返って簡単な雑感です。
まず、失点についてです。
単純なミスでしょう。直接的にはGK川口のですね。
それ以外に特に言うことはないです。
全体を言えば、日本はバーレーンの嫌がることができていなかったと思うのです。
単純に見て「高さ」では完全に負けていたでしょう。そして「スタミナ」と「アジリティ」では勝っていたのかなという印象です。
なので日本がやるべきだったと思うのは、圧倒的なポゼッションを確立してしまうこと(=速いテンポでのパス交換してのポゼッション)だったのではないでしょうか。
でも、そうするためには動き・フリーランニングが、「小さく」「少な過ぎ」ていたと思います。
なぜ、それができなかったのか、岡田監督にはその辺を反省し、見据えてチーム作りをし、6月の4連戦に挑んでほしいと思います。
(無駄で意味のない話をすれば、オシム前監督の時には、できていたことだと思うのです。)
岡田監督の監督としての資質・限界が試されかねない状況になりますよ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。