So-net無料ブログ作成

euro2008 準々決勝 オランダvsロシア [サッカー]

EURO2008は、グループCを全勝で抜けたオランダが、ノックアウトラウンドの緒戦で消えました。
「まさか」という部分と、盛り上げるためにもちょっと残念という2つも感覚があります。
しかし、ロシアは非常に良いチームでした。

簡単に感想を!
ポイントになったのは、懸念していたオランダのディフェンス陣(特にCB)だったような気がします。
ロシアの速い攻撃に負けた結果、ラインが低くなった&サイドが高い位置も保てなくなり、攻撃の幅が小さくなったのだと思います。
結果的にグループリーグでは遺憾なく発揮されていた攻撃の連動性というオランダの生命線ともいうべきものが失われたという事だと考えます。

そして、ロシアは運動量でもオランダに勝った事で延長も終盤で突き放すことができたのだと思う。
でもロシアは、良い選手が多いですね!
パブリュシェンコやアルシャフィンなど魅力的な選手です。
長い距離をいとわず走る選手が複数いる感じです。
そしてそのオフザボールの動きで得たスペースやタイミングを最終的にパブリュシェンコらがきちんとゴールに結び付けています。
これが、この先もできれば、まだサプライズがあるかもしれませんね!

でも、ここまで全て2位抜けが勝ち上がるとは・・・。
休まないほうがいいのですかね?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。