So-net無料ブログ作成
検索選択

北京五輪 サッカー 日本vsナイジェリア 雑感 [サッカー]

なんだかんだ言って、オリンピック観てしまいますな(笑)
普段見れないスポーツを色々観れるのは新鮮でとても楽しいです。
(オグシオなんてメディアで散々取り上げられているけど、実際のプレーをちゃんと観たのは初めてだったりするもんね。でもなんて激しいスポーツなんでしょ。そしてとても美しいよね、躍動美ですか?)

でも、実況とかイマイチ不親切な気がします。
えー、ルールが分からんのですよ、ホントに。
ホッケーとか何人制で何分やるのかから分からなかったりするから、その辺を丁寧に盛り込んでくれればいいのに。。。
言うのは、どこ大学とか家族情報とか、必要のないものばかりで。。。
動きの少ない、ルールも説明せずとも分かる駅伝の実況の弊害だろうかと思っちゃいます。
(前は、もう少し実況上手かったと思うのだけどなぁ。。。NHK陣以外はダメか?)

さて、余談はここまでで、本題です。
残念ながら2連敗でサクッと予選敗退が決まってしまいました。
残念ではあるのですが、日本のサッカー的なものを展開しての結果。
純粋に今の日本サッカーのレベルと捉えていいでしょう。
(オーバーエイジが上手く使えないなど、勝負以前の問題だったのかもしれませんが・・・)

そんな中、今日の試合での雑感を簡単に。
印象として感じたのは、主に2つ。

1つは、アフリカ勢の脅威をそれほど感じなくなってきていること。
アトランタの頃などは、身体能力の高さに度肝抜かれて、脅威に感じていた風でしたが、今やもうアフリカ勢の身体能力にも慣れたのか、凄いのは凄いのでしょうけど、予想を大きく上回るような事も減ってきたなと。
我々には我々なりの良い所があり、そこで勝負はかけるんだそと。
どうにもならない訳ではないという実感ですな。
(アフリカが、良くも悪くもヨーロッパナイズされてきているだけかもしれませんが(=予想を飛び越える動きが減った))

もう1つは、やはり得点を取る事に関する部分です。
話は変わるのですが、この試合を観る前に、実はまだ観ていなかったEURO2008の決勝を観たのですが、全然違うのですよ。
もちろん単純に比較してはいけないのは、分かっていますが、そういう技術・戦術等といった部分ではなく、根本的な部分がです。
それは何かというと、何のためにプレーしているかという部分です。
EUROのスペインドイツは、当たり前ですが、ゴールを取るためにプレーがされています。
しかし、オリンピックで観た日本代表には、それが感じられないのです。
どんな印象かというのを、あえていうならそれは、チャンスを作るためにプレーをしているように感じるのです。
いつ・どこでシュートを打つのかという意識と共通理解が足らない、ゴール(=シュート)からの逆算でプレーが選択されていないのではという事です。
いくら上手くても、そのようなゴールにつながるビジョンをもっと相手に感じさせないと怖くも強くもないと思うのだが・・・。
日本に足りないのは、その1点だと思う。
あらためて、それを強く感じさせられた試合でした。

最後1試合残っています。
大事な試合です。
本気のオランダから是非勝利を狙ってください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。