So-net無料ブログ作成

ワールドカップ雑感① [サッカー]

ここまで、一応全ての試合に目を通している。
総じて、レベルは高いのではないだろうか。

そして、言えることは、ミスをつけるか、ダイレクトなどでギャップをつくれるかしないと点が入らないように感じる。
パスを出すのが1テンポ遅くても、パススピードが遅くても、もう得点の匂いは消えてしまう。
唯一、それらを超える「個」の突破もあるにはあるが・・・。

今大会は、そういう大会だと思う。

そしてここまで観た中で、一番気になったというか、違和感を感じているのがアルゼンチンである。
あからさまに未完成感がある。
メッシ、テベス、イグアインとベロンなどの中盤の間に、空間があるのだ。
「そこは、それでいいのか?」という大きな疑問(欠点と思っている)がありながら、何とかなってしまうのではという意味の分からない期待感。
そして、大会中にその部分にアジャストできるようであれば一番の可能性を含んでいる気がしているのである。

他に「おっ、いいなぁ」と思ったのは、アメリカ、ガーナ、セルビアかな。
いや、でもガーナvsセルビアはホントに熱い試合だった。
ミス(セルビアの退場と故意でないハンド→PK)と、ちょっとした運が勝敗を分けた!!
GOOD GAME!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。