So-net無料ブログ作成
検索選択

トップランナー:福山雅治 [テレビ]

「途中であり、過程である」

「満足するときは、『死ぬとき』か『あきらめたとき』」

 など、人気があって、メジャーアーティストフューチャーしただけのトーク番組構成かと思っていた。
実は全くそんなことはなく、福山雅治という人柄・考え方だけにとどまらず、なぜ彼が成功したのかが垣間見える非常に良質なプラグラムだったと思う。

「しまった!」という感じだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。