So-net無料ブログ作成
検索選択

2011-2012CLファイナル雑感【バイエルンvsチェルシー】 [サッカー]

ゲームを見ながら思ったことを。

バイエルン、出場停止があった事もあるのだろうが、選手層が薄すぎたのが致命傷になった印象である。
ゲーム終盤になって疲労で単調になってきても、リズムを変えたくても切れるカードがなかった。
これが大きかったように思う。
もうバテバテのクロースを引っぱり続けるしかなかったのが辛いところだった。
日本人的に見れば、宇佐美は信頼されていないんだなということが明白だったなということ。
そして、そういう選手をベンチ入りさせなきゃいけないということが上述の何よりの証拠であろう。

リズムと空間を支配できる、ギャップを生み出せる選手は誰なのだろうと思ってみていた。
バイエルンではミュラー、ゴメス、ロッベン、リベリーだったろうか、とりわけミュラーが「なぜか」という感じで空間に現れるのが印象的だった。
それが得点につながったのだろうけど・・・。

チェルシーでは、ドログバ、マタあたりだったろうか?
ドログバは、リズムを急激にゼロにするというか速くする印象で空間を独占するイメージだ。
相変わらずの強烈さだった。

今日は、アウェイだったことも含めチェルシーの良いほうに進んだように思う。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。