So-net無料ブログ作成

ロンドン五輪 女子サッカー決勝【日本vsアメリカ(1-2)】 [サッカー]

非常に良いゲームだったと思う。
エモーショナルな自分になってしまう部分もある。
印象的だったのが、試合終了後に本当に悔し涙を流しているシーン。
この悔し涙こそが、彼女たちの強さなのかもしれないな、心の底から金メダルが欲しかったのだなというのを感じさせる光景だったように思いました。

宮間選手は、今大会決して好調とは言えないようにも見えましたが、キャプテンとしてもどれだけ多くの重責を背負っていたのだろうと思います。

日本女子サッカー30年の歴史は非常に苦しく厳しい期間が長く、今ようやく少しの良い期間が来ているのかと思います。
この状態がすっと続けられるかは何とも言えませんが、つないできた歴史を継続してつないで、とぎれないようにしていくこと、バックアップをしていくことが大事だなとつくづく考えさせられました。
彼女たちは分かっていると思います。
まだまだ頑張ってください&とりあえずお疲れ様!

決勝戦、そのものについても少し。
ゲーム内容では、日本の方が勝っていたと思います。
それは多分に、双方の蓄積した疲労は大きいとは思うものの、コンディションの良否の差だったと思う。
そういう意味では、日本代表は非常に良い準備をしてきたのだと思います。
(決勝戦まで見越した調整)
それゆえにアメリカ代表の個々のチカラの部分で2失点を喫したのは残念でした。

2失点については、モーガン選手を日本は警戒しすぎた結果かなと思います。
1点目は、モーガン選手のスピードを警戒しすぎて岩清水選手が間を取り過ぎてしまったために、良いクロスがあがってしまった。
体を寄せても千切られるようなシーンではなかったと思います。
2点目も阪口選手がモーガン選手を気にして、モーガン選手のいる左を切ったためロイド選手の利き足の右(それも中央)を開けた結果、持ち出されて素晴らしいシュートを打たれてしまった。
難しい問題ですが、モーガン選手の存在感が日本にとって、それほど大きかったということでしょう。

日本の得点については、ソロ選手の好セーブも含めシュートがもう少しゴールに縁があればなぁ、としか言えないでしょう。
PKを取ってもよいシーンもありましたが、総じてレフェリーも良いジャッジをしていたと思います。

良い決勝戦だったと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。