So-net無料ブログ作成
検索選択

ユーロとハンドボール化(清水英斗氏のコラムを読んで) [サッカー]

2012.6.26付けのスポナビの清水英斗氏のコラム『現在サッカーの過渡期にあるユーロ ハンドボール化しつつあるサッカーの未来とは』が興味深い。

今回のユーロ、僕は限られた試合しか観戦していないので、確かな見解として言えるものではないが、直近の傾向として、「確かに」と思わされる。

僕は、「まとまった練習時間や実戦の場が限られる代表チーム」は、(氏も想像しているであろうが)既にクラブチームと代表チームを同一の線上で、その戦略・戦術を見るのは南アフリカW杯を最後に意味がなくなったと思っている。
言われている通り「○○(クラブチームが入る)化」という事で、そこにひとつの楔を入れている(あるいは試している)という意味で、今ユーロが存在しているのかもしれない。
そして、それは確かに過渡期ということを示しているのかな、ということも思う。

ハンドボール化(とりわけクラブチームにおいて)=バルセロナ化であったとするならば、それをつきやぶった先に新しいスタイルが確立されるのかもしれない。
それが、どんな形になるのかはもう少し考え続けてみたい。

一方で、バルセロナの選手を多く揃えたスペイン代表が、バルセロナになり得ていないというのは確かにそのように思う。
それは指摘通りメッシがいないからという所にその理由を見出せるであろう。
バルセロナ化が、今後各チームでも更に進んでいくのであれば、そこにはメッシ的な選手が必要とされる時代がきているのかもしれない。
つまり、ストライカーとしての“個”が重要視されるということかなと思ったりするのである。

その“個”の能力では、ストライカーであるだけでなく、MFっぽくもあるということかなということである。
それは具体的に言えば、まず当然メッシであり、もっと点をとるイニエスタであり、香川みたいなタイプなのかもしれない。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

EURO開幕、雑感 [サッカー]

EUROが開幕し、2~3試合を観た印象を。
一番印象的なのは、ディフェンスのありかたであろうか。

バルセロナではないが、バルサ式とでもいえばいいのか?
いかに早く相手ボールを回収するかというような、相手陣地の深いところからでも相手ディフェンスラインのボールホルダーに気休めではないボール奪取のプレスがかけられている。

世界のトレンドは、こうきているのだなと感じずにはいられない。

僕は個人的に岡田前日本代表監督を良く思っていないので微妙なのだが、岡田さんが取り組もうとして失敗に終わった取組みが、より洗練されて無茶がない形で実施されるようになっているのが今のトレンドに見えなくもない。
当時は、ディフェンスの仕方が面的に広い範囲での連動過ぎたのか?あるいはそれ以外の事由から結果として90分続かなかった(続けられなかった)ので破綻をきたした。

それは、スタミナとかの問題ではなく、その後の、というか前提となる指針(ボールを保持することが最高?という)が未成熟(=監督の限界)だったのではないかと今思う。

それらがキレイに整理され、今のトレンドとして拡がっているように思う。
いずれにせよ、トレンドはバルセロナあたりに源流があり、クラブから代表チームへの流入というのが強く感じられる次第である。


タグ:EURO
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。