So-net無料ブログ作成

コンフェデ杯【vsイタリア(3-4)】 [サッカー]

少し遅くなったが、コンフェデレーション杯のイタリア戦についてちょっとだけ。
個人的な評価としては以下の通り。

①点数をつけるなら0(ゼロ)点。
今大会では、公式戦であるということも含め個人的に結果を重視すべきという風に思っているから。
ゆえに内容はそこそこ良かったのだとしても(スコアとスコア経過だけを見れば面白かったと思うが、それは第3者の見解になってしまうし、激賞するほど良かったとも思わない)、負けた以上ゼロ点でしかない。
救いは、選手たちが「よくやった」と満足していないことだろうか。

②今期のチャンピオンズリーグなどでも顕著な傾向のひとつだと思うが、代表チームレベルでも「どのように、どのようなタイミングで、どのような意図を持ってボールを回収するか」という部分が、以前と比べてとても重要な要素になってきているように感じる。
リスクをとった上でアグレッシブにしていかないと勝負ができない状況になっているのかもしれない。
ブラジル戦ではできなくて、イタリア戦ではそのチャレンジをしていた。
その違いが、結果ではなく内容としては反映されていた。

加えて余談だが、そのチャレンジは4年前(?)の岡田監督がやろうとして前半45分しか持たなかったモノに近かったりして・・・。

③重なるが、勝たなきゃいけないゲームだった。勝てる試合を落とした。
2-0はサッカーで一番難しい得点差とはよく言うが、それでも2-0になった時点で、ゲームとしてはクローズできるようになるべきだし、すべきと思う。
まだまだ幼い。

メディアの喧騒がよく分からないが、ザックリとした感想は以上。


コンフェデレーションズカップ【vsブラジル(0-3)】 [サッカー]

本気の勝負で、日本ももちろん何かを試すというよりは、勝負に拘った試合だったと思う。
結論から言えば、個人的には想定を外れる結果であり、非常に残念だった。

正直なところ、昨年の10月の親善試合からもう少しいい勝負ができるのではないか思っていた。
が、近づいているどころか、縮まらない深い差があったように感じた。
コンディションの問題なのか、いずれにせよ残念な結果である。

その中でも特に気になったのは、どうやって得点を取っていくのだろうという部分である。最後の失点を除く2つの失点については、もう単純な個々の差であり、日常における勝負の厳しさの差であったと思う。つまり、しようがない失点だったと思うし、言い換えれば対処・対応が見込める失点だったと思う。ゆえに、勝負をものにしていくには、どう得点を積み上げていくのかという事になるのだろうと思っている。
しかし、どういうことか?この日本代表は時間が経つごとに徐々にその部分が劣化しているのではないかと思う。
この大会では、どうすることもできないのかもしれないが、今後は本大会に向けて、大胆に変化させるべきではないだろうか?
香川や本田は、代表に本当に必要か?そういうことかと思う。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。